クレジットカードの審査に通らない理由とは?

クレジットカードは信用がないと発行されません。
審査に通らない理由は、審査のときに、過去の支払状況を調査したら信用に値しない情報があったからです。
ですので、支払いの滞納をしないことが大事になります。
また、消費者金融やキャシングの利用状況についても、発行している会社にそれらの情報が共有されています。
もし、利用していない消費者金融があったり、完済していないキャッシングがあれば、クレジットカードを申し込む前に解約や完済することをすすめます。
また、クレジットカードを多く保有しているのに、新たに発行の申し込みをすると、審査が通らない場合があります。
申し込んだという情報は6ヶ月間残るので、解約と新規申し込みの間隔をその程度あけておくと、審査も通りやすくなります。
特典目当てで複数枚保有したり、利用目的をあまり考慮せずに利用していると、信用を損なうリスクがあります。
メインで使うカードを1枚に集約して、バックアップとしてもう1枚保有することをすすめます。