個人事業主や自営業でも住宅ローン審査落ちしない方法とは?

個人事業主や自営業の人が住宅ローン審査に落ちる事はよくある事です。
そこで彼らが審査落ちた理由について知れば、今後の審査に活かす事ができます。
彼らが審査に落ちる原因として考えられるのが「収入の低さ」と「継続的な収入の安定性」です。
収入の低さはどの業種でも同じ事が言えますが、「継続的な収入の安定性」とはどういう事でしょうか?これは今年だけが儲けが良くても、来年も再来年も継続して黒字が見込めるかどうか?を意味します。
つまり1年目だけ莫大な利益があったとしても、審査に落とされるのは将来の収入の安定性に不安要素を持たれるためです。
よってこの点を克服するには確定申告書が必要となります。
また将来の安定性を証明するためにも、3年以上の確定申告書を最低でも用意しておく必要があります。
これらが全て黒字であれば、住宅ローンの審査に通る可能性がグンと高まります。
個人事業主や自営業の人は、この点を押さえて住宅ローンを組んでみてください。
http://www.jieigyo-hikaku.com/