光回線 モデム値段はいくら?

モデムとはデジタル信号データをアナグロ信号に換えたり、逆にアナログ信号をデジタル信号に変換させるための機器である。
したがってこれを使わないと信号を送信したり受信したりすることができない。
でもこれを使うのはADSLなどの従来の形による送受信であって、光回線にはこの機器は使用しない。
その代わり光回線ではONU(光回線終端装置)という機器を使用するのである。
ではこのONUとはどんな機器で、またどんな働きをするのであろうか。
以下でその機能などについて説明するとともに、これ以外の必要機器についても触れてみることにしよう。
【光回線で使用するONUとはどんな機器なのか】ONU(光回線終端装置)とは光信号と電気信号の変換をするための機器であり、従来のモデムと似たような働きをするものである。
これは購入しなくても接続会社が貸し出している。

こうしてONUを使い、パソコンをLANケーブルでつなげば光回線は使用可能になる。
だがこの状態だとネットに接続できるのはパソコン1台だけである。
そこで複数のパソコンに接続するために必要になるのがルーターである。
このルーターを使用すればよりたくさんのパソコンをネットとつなぐことが可能になるのだが、それだけでなくルーターに接続された端末同士も通信が可能になるのである。
端末への接続方法はLANケーブルによるものだけでなく無線によって接続する方法もある。
もちろんこれには無線ルーターが必要になるが、最近ではLANポートの付いた有線LANと共用になっているものがほとんどである。