フラット35sの審査は中古住宅でも大丈夫?

フラット35sの審査は、新規取得の場合に限られ、担保に供する住宅がフラット35sの審査に通る規格であっても、借換の場合には適用できません。
しかし中古住宅を新規に取得する場合であれば、規定が違う場合はあるもののフラット35sの審査を受けることができます。
フラット35sの要件が、新規に住宅を取得する場合に限られているため、ともすると新築物件でなければ適用できないと思われがちですが、そのような事はありません。
フラット35sの審査に通るような規格の住宅はかなり前から新築されており、場合によっては中古住宅として流通しています。
良質の住宅なので人気も高く中古でもちょっとした金額のはずです。
フラット35sはそのような中古住宅取得もバックアップしています。
フラット35比較ランキング!金利安いおすすめ銀行は?【借り換え】